楽しもう!婚活パーティ

無意識で出てしまうもの

人間、気付かないうちに出てしまっているのがしぐさ。
癖でしてしまう人もいますが、大半はその場の雰囲気や
自分の気持ちがしぐさで出ているようです。

特に婚活パーティーで多いしぐさといえば、
男性女性にも多い、髪を触るしぐさです。
髪を触るのは緊張した時や気になっている事を隠そうという
心理だと言われます。
もし執拗に髪を触っている方がいたら緊張しているのだと
思っていいでしょう。

次に腕組みを無意識にやっている方もいます。
これは自分の気持ちを読み取られたくない時や
威圧感を出したい時にしてしまうようです。
しかしこれは、お相手からすると良い意味で取れません。
手は膝においておく事を意識しましょう。

また婚活パーティーではテーブルで見えないだろうと
やってしまっている貧乏ゆすり。
緊張のせいもあると思いますが、周りから見ると
イライラしてるのか?と落ち着きのない人だなと
思われてもしょうがないので止めましょう。

逆にモテしぐさと言えば、相手の目を見つめる事です。
話をしっかり聞いていますという印象にもなるし、
お相手からドキっとする部分でもあるので挑戦してみましょう。

パーティ中の会話術

パーティ中は初対面の異性と自己紹介や会話を通じて自分をアピールする必要があります。
もちろん自分のことを話すだけでなく、相手の話もしっかり聞くことが大切。
お互いを理解するためという点はもちろんですが、
聞く姿勢を持って「聞き上手」になることが大切なアピールポイントとなるためでもあります。

聞き上手というとただ黙って口を挟まず聞いてくれる人のことを指すと考えている方もいるようですが、
適切な相槌をはさみ、相手がより話しやすくなる質問をすることも含まれています。
ただ黙って聞いていては「ちゃんと聞いてくれてるのかな?わかってるのかな?」と思われてしまいかねません。
理解しているときにはうなずき、パーティ中はややオーバーなほどのリアクションをすることも大切。
もちろん、やたらうなずいていたり驚いていたりしては反対に薄っぺらく見えてしまうので注意が必要ですよ。
相手が話し終わる前に質問をするのも避けましょう。
「でも」で始まる発言にも注意です。

まずは仲良くなってから

婚活パーティーは本来結婚を目的とした人々の集まりです。そのため、男女ともに会話の内容も結婚を意識したものになる傾向があります。それ自体は悪い事ではありません、目的がはっきりしていて意識を高く持っている証拠です。

しかし、婚活パーティーの場は仕事ではありません。達成するべき目的に向かってのみ行動する必要はないのです。特に女性には、目的の無い何でも無い会話を楽しみたいと考えている方もいらっしゃいます。

あなたが、恋人や伴侶と会話する時、目的を確認し達成するだけのビジネスライクな会話を望むでしょうか?恐らく多くの方は、もう少し相手や自分が楽しいと感じる会話を希望する傾向にあると思います。

結婚するのに年収や家族関係の問題は避けては通れません。けれど、婚活パーティーではそれ以前のお付き合いになります。もう少しカジュアルな会話を心掛け相手に楽しんでもらい仲良くなれるようなコミュニケーションを取ることをおすすめします。